体の内側から対策!?食事で改善

美白といえばビタミンC!毎日コンスタントに摂るのがコツ

そばかすはシミと同じく過剰に分泌されたメラニンが沈着してできるものです。メラニン色素を増やさないためには紫外線による刺激を避けるのが一番大切ですが、内側からの対策としてメラニンの合成を阻害する成分を食事などから摂るのも良いでしょう。そばかすを防ぐ成分の中で代表的なものにビタミンCがあります。ビタミンCはレモンやイチゴなどのフルーツ、ピーマンやブロッコリーなどの野菜、それに緑茶などに含まれていて、比較的普段の食事に取り入れやすいものです。ただしビタミンCは水溶性のため、摂り過ぎると体外に排出してしまい「摂りだめ」ということができません。毎日コンスタントに摂っていくことが大切です。また熱に弱いのでできるだけ生に近い状態で摂るようにしましょう。

トマトに含まれるリコピンは美白しながらアンチエイジングも

もう一つ、おすすめの成分にリコピンがあります。リコピンは抗酸化物質として知られており、トマトに最も多く含まれるほかすいかやグレープフルーツなどのフルーツにも含まれています。「抗酸化」とは、老化の原因となる活性酸素を除去する作用のこと。紫外線の刺激から肌を守ると同時に、肌のターンオーバーを正常化させる働きもあるので、メラニンが肌に蓄積されるのを防いでくれます。トマトはブロッコリーと相性が良いため、サラダなどにして一緒に食べるとより高い効果が期待できるでしょう。また、ビタミンCと反対に加熱した方が吸収が良くなる性質があるので、やはり相性の良い油で軽く炒めて食べるのもおすすめです。タイミングとしては朝食べるのがベストです。