刺激物がダメなの!?

紫外線対策は欠かせない

そばかすが、目元や鼻の周りにできて悩んでいる方は多くいます。そもそもそばかすが発生する原因は、紫外線をはじめとする刺激物に肌が晒されるためです。紫外線を浴びると、肌は自身を守るためにメラニンを活発に分泌します。分泌されたメラニンが順調に排出されればいいのですが、加齢によって肌のターンオーバーが滞っていると間に合いません。その結果、メラニンが肌の表面に浮かび上がって色素沈着をおこし、そばかすになってしまうというわけです。肌への刺激が強ければメラニンの生成がますます促進されるので、外出時は必ず紫外線対策を行うことが大切です。例えば、日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子を着用したりすると効果的ですよ。

肌に合わない化粧品も原因

自分の肌質に合っていない化粧品でケアすることも、そばかすができる原因といえます。せっかく購入したのに使わないのはもったいないと、肌に合わない化粧品でケアする女性は意外と多いです。しかし、そのままスキンケアを続けると、本来持っている免疫能力が低下して肌に強い刺激となります。その結果、メラニンが大量に分泌されるので、そばかすが生じやすくなってしまうのです。したがって、使用すると肌がピリピリするような化粧品は今すぐ使用を止めた方がいいです。また、肌に刺激を与えるピーリングもメラニンが過剰に生成される原因になるため止めた方がいいでしょう。そばかすケアには、メラニンの生成を抑えたり、沈着した色素のターンオーバーを促す効果がある美白成分を配合したものを選ぶことが大事です。