紫外線がよくない!?

メラニン色素が増えてしまう原因

そばかす対策をする上でもっとも注意したいのが、紫外線の影響です。紫外線はお肌にメラニン色素を増やす要因となってしまいます。紫外線を浴びた肌細胞は、自分自身をダメージから守るためにメラニン色素の分泌を活性化させてしまうのです。ただ日焼けをしただけであれば、肌の新陳代謝によって古い角質が剥がれるとともにメラニン色素も排出されていきます。しかし色素生成が過剰になると、新陳代謝による排出が間に合わなくなり、そばかすやシミとして定着してしまうのです。一度定着してしまったメラニン色素は、簡単には排出させることができません。そばかすを増やさないためには、日頃からしっかりと紫外線を予防しておくことが大切です。

日焼け対策をしてそばかす予防を

日焼けというと夏のイメージがありますが、日差しが弱い秋冬シーズンや曇り空の日にも紫外線は降り注いでいます。夏場だけでなく、日頃からきちんと対策をしておくことが大切です。紫外線はガラスを透過する性質を持っていますので、屋内にいる時も油断はできません。レースカーテンを遮光タイプのものにしたり、紫外線防止フィルムを使用して対策を行いましょう。普段使用している化粧下地やファンデーションを、紫外線防止効果のあるものに切り替えるのも、有効な対策方法です。普段愛用しているカーディガンや帽子等にUV加工スプレーを吹きかけて紫外線防止効果を高める、といった方法もあります。様々な形でしっかりと紫外線を予防して、そばかすの無いお肌を目指しましょう。